検索
  • 河井 直也

山梨県邸宅売却


「歳を取るとお庭の手入れも大変で・・・」


お子様方はすでに独立なされ、数年前にご主人を亡くされたお客様から


一人で住むには大きすぎるご自宅を売却したいと相談を受けたのが


ちょうど一年前の昨年の夏でした。




亡きご主人様が宮大工を連れてきて建てたという


こだわりが詰まった、数寄屋造りの平屋建ての邸宅。


そのお庭も大きな植木や庭石、それに昔は鯉が泳いでいたという


大きな池まである立派な日本庭園です。




私が初めてお宅に伺った時にまず思ったのは


失礼ながら「一体幾ら掛かったんだろう・・・」(笑)


それ位に素晴らしいお宅です。




お部屋にお邪魔し売却についてのご説明を一通り終え


奥様から売却希望価格を伺うと、


なんと私の想定金額のおよそ倍。




私としても当時の建築費を考え、


金額を少なからず「盛って」お伝えしたつもりでしたが


それでも全くお気持ちには届いておりませんでした。




購入時の金額やローン残高など、


お客様の様々なご都合によってご希望価格は決まると思いますが


その価格が実際の流通価格とあまりに開きがあると


当然ながら売却は大変難しいものになります。




この数寄屋造りの邸宅は、都心から高速道路を使っても約2時間。


奥様ご本人も事あるごとに「こんな田舎で・・・」と仰る立地にあります。


私としても奥様のご希望金額ではさすがに成約は難しいのでは?と思いましたが、


出来る限りご希望価格に近い価格でのご成約を目指す、という事でご理解を頂き


媒介契約を締結いたしました。




あれから約1年。


紆余曲折ありましたが、奥様もご納得の価格での成約となり


先日無事にお引渡しまで完了致しました。




多くの不動産業者では、売却の媒介契約を頂いても


レインズという業者間の物件情報共有サイトに登録したり


SUUMOやHOMESといった不動産ポータルサイトへの掲載


また最近では少なくなりましたが新聞折り込み広告や


ポスティングチラシに掲載する等の販売(広告)方法をとりますが


実はそれら基本的な方法以外にも


いくつも効果的な手法があります。




ホームインスペクション的観点であったり


ファイナンシャルプランナー的観点であったり


宅建士以外にも様々な分野のプロが在籍している


アレルゴだからこその売却方法があるんです。




これから不動産の売却をお考えの方、


すでに売却を進めているがなかなか成約にならないという方、


是非とも一度ご相談ください。


もしかしたら何らかの糸口が見つかるかもしれません。

4回の閲覧

住むラボ by株式会社アレルゴ

宅地建物取引業 東京都(1)第101728号

二級建築士事務所 東京都(1)第15715号

公益社団法人 全日本不動産協会会員​ 公益社団法人 不動産保証協会会員

〒182-0022

東京都調布市国領町5-28-26 1F​​

Tel: 042-444-0006 Fax: 042-444-2622​

info@arergo.com

バナー.jpg

お名前 *

メールアドレス *

題名

メッセージ

© 2018 by SUMULABO by ARERGO Co., Ltd.