INSPECTION

物件調査

 

不動産調査

契約前調査

不動産を購入する場合、契約の前に宅地建物取引業法に定められた「重要事項説明」を行います。物件や取引の内容のうち法律で定められた事項を宅地建物取引士が買主に説明するのですが、以下の二つの点で大きな問題があると考えております。

①重要事項説明の時期

宅地建物取引業法では、重要事項説明は売買契約の前に行う事と定められております。これは、取引対象物件について宅地建物取引士がしっかりと調査を行い、その正確な情報を買主に伝えた上で、買主に対しその物件を購入するか否かの最終決断を冷静に行う時間を与える事で、物件の瑕疵等を知らずに購入し契約後にトラブルになる事を避けるためですが、実務では重要事項説明の直後に契約を締結する場合が多く、買主は重要事項説明により知り得た情報を精査する事なく契約の締結を迫られております。

②重要事項説明の内容

重要事項説明に於いて説明しなければならない事項は宅地建物取引業法により詳細に定めれらており、法律に定められていない事項については宅建業者に説明義務はありません。しかし、実際には買われる方によって重要視する部分は異なりまし、説明から漏れた事項により契約後にトラブルが発生する場合もございます。

​そこで住むラボでは、契約前の出来るだけ早い段階でお客様と面談を行い、ご心配事等を詳しくヒアリングした上で、不動産と建築双方の専門家が物件調査を行い、お客様のご要望に応じた調査報告を行っております。

収益物件調査

減り続ける社会保障への自己対策として、ワンルームを始めとした投資用マンションやアパートを購入し将来の収益を確保するという不動産投資が一時期流行しました。しかし、営業会社、担当セールスの言葉を丸呑みにして購入してしまったものの、思うように収益が上がらないという相談を個々の所多く頂きます。

ローンの借り換えや物件に付加価値をつける等、何らかの対策によって収益が改善されれば良いのですが、そもそも需要が低かったり高値で購入している等の理由により収益改善が難しい難しい場合には、ローンの残債に届かない金額でも売却せざるを得ない事も御座います。

将来の生活の足しにするはずのマンション投資が、結局は金利の高いフリーローンだけが手元に残り生活の妨げになってしまうという本末転倒の事態を避ける為、住むラボでは不動産投資に明るいファイナンシャルプランナーによる事前の物件調査をお勧めしております。

地域ごとの需要、今後の経済情勢を踏まえた空室リスクを検討し、融資についても税務についても詳細に検討した上で、果たしてその物件は投資に適格なのかを判断し報告させて頂きます。

第三者施工検査

安全で安心できる建物の為に

殆ど全ての建築会社、建築士、職人さん、現場監督はより良い建物を作る為に必死に努力をしています。しかしそれでもやはり人間が行う以上、ミスは起こり得るのです。

建築というのは覆い隠していく作業の連続です。基礎配筋施工時の間違いもコンクリートが打設されてしまえば容易には確認できませんし、断熱材の施工状況も壁のボードが張られてしまってからでは確認は難しくなります。逆に言えばミスを早期に発見できればその被害は最小限で押さえる事もできるのです。

上の写真は弊社で実際に第三者検査を行った住宅の基礎配筋施工後の写真ですが、実はこの施工には大きな間違いがあるのですが、どこが間違っているのかお分りになりますか?余程建築に詳しい人でない限り判断は難しいと思いますが、知識と経験がある人であれば瞬時にこの施工の間違いが理解できます。

住むラボでは専門的な知識を持った人間がより多く携わりチェックをする事が、ミスを防ぐ、またミスを早期に発見し被害を最小限に止める為の最善の手段だと考えており、そのための第三者施工検査も行っております。

上の写真の説明は ブログ に投稿してありますので、興味をお持ちの方は是非ともご確認ください。

完成物件検査

新築・中古どちらでも対応致します

弊社では中古住宅や建売住宅等、既に完成している物件に関するインスペクションを行っております。

完成している建物を内部まで検査する事は容易ではありません。そこで特殊な器具を用いて構造体の強度から防水性能、配管や配線等々、基礎から床下、小屋裏に至るまでくまなくチェックし、報告書を提出させて頂きます。

新築であれば図面通り正しく施工されているのか、中古であれば今後どれくらいの間安心してお住まい頂けるのか、住宅を購入する際にはご心配が尽きないと思います。そんな時には是非とも私どものお声掛け下さい。

調査の進め方

1.先ずはお気軽にご連絡を下さい。
お問い合わせフォーム無料簡易査定フォーム、お電話、メールのいずれかで連絡を下さい。お客様のお宅についていくつか質問をさせて頂くと共に簡単に調査の進め方をご説明いたします。
 
2.予備調査
お打合せ図面やインターネットの物件情報等を基に、弊社による対応の可否についてお調べ致します。
3.調査内容及びお見積り書提出
予備調査を基に調査内容および想定される調査価格をお伝えいたします。完成現場と建築中現場とでは検査内容、回数、料金等が異なります。
4.調査委託契約締結
実際に調査を行う場合には、調査委託契約を締結して頂きます。料金は着手時に半金、完了時に残金をお支払いいただきます。
5.本調査(完成現場)
調査日をご予約頂き、建築会社に許可を頂いた上で本調査を行います。本調査は物件の規模、状況、天候等にもよりますが2~3時間程かかります。なお調査にご同席頂く事も可能ですので、ご希望の際はお申し付けください。
6.本調査(建築中現場)
建築前物件や未完成物件についてはお客様と相談の上調査箇所、工程等を決定し、各工程において調査報告書を提出いたします。
7.本調査結果ご報告
最終の調査報告書をお持ちし、建物の状況についてご説明をさせて頂きます。
 
 

住むラボ by株式会社アレルゴ

宅地建物取引業 東京都(1)第101728号

二級建築士事務所 東京都(1)第15715号

公益社団法人 全日本不動産協会会員​ 公益社団法人 不動産保証協会会員

〒182-0022

東京都調布市国領町5-28-26 1F​​

Tel: 042-444-0006 Fax: 042-444-2622​

info@arergo.com

バナー.jpg

© 2018 by SUMULABO by ARERGO Co., Ltd.